​耕す庭の家

地産地消を大切に想う、若いご夫婦の簡素な住まいです。間取りの唯一の希望だった食品庫は勝手口から土足のまま出入りできる土間床とし、通風窓も設け保存食の管理をしやすくしました。8帖の茶の間は座卓を囲むので十分な広さです。子ども部屋も成長に合わせ簡易的に区切れるようフリースペースに留めました。小さな家にしたことで建物周りにゆとりが生まれ、軒の出も大きく出来、夏の日差しを遮り雨仕舞も良くなりました。何より畑が広くなり一年を通して耕す庭が実現しました。

所在:東京都あきる野市

構造:木造2階建て

延床面積:25坪

備考:多摩産材100%住宅

   和室障子の手漉き軍道紙

   (楮刈り取りから施主手作業)

認証:とうきょう森づくり貢献認証住宅

受賞:東京都主催「多摩産材を使った家

   りコンクール」優秀賞受賞

©2004 studio-tsumugi all rights reseved