​山寄りの家

「別荘ではあるけれど、そう遠くない将来ここで暮らしたい」と以前から通い続けた土地でのスローライフを形にするため建てた、週末住宅です。小さな山小屋のような家をご希望だったこともあり、大半が急斜面の敷地の唯一平らな部分に納まるよう、必要最低限の間取りを計画。庭や畑と直接行き来するのでLDKは土足のまま使う土間床にし、玄関も無くしました。冬は薪ストーブで家中を温め、夏は谷川からの風でエアコン無しで過ごす、文字通りスローライフを送られています。

所在:東京都奥多摩町

構造:木造2階建て

延床面積:15坪

備考:多摩産材100%住宅

   薪ストーブ

受賞:東京都主催「多摩産材を使った家づ

          りコンクール」佳作受賞

©2004 studio-tsumugi all rights reseved