見晴らしの家

見晴らしの良い傾斜地に建つ家です。当初は大規模なリノベーションで計画していましたが、午前中しか光が入らず暗くなる室内と冬場の寒さ、家事同線の見直しなど総合的に検討し、ハイブリッドソーラーハウスでの建て替えを選択。南に迫る隣家に配慮しながら、東の眺望を最大限に活かしたプランとしました。家族が集まるダイニングはパティオをイメージし2階の畳コーナーからも会話に加われる距離感。リビングは空間をずらし落ち着きを持たせました。キッチンと家庭菜園を直接行き来する外廊下や、ランドリースペースと家族のクローゼットを兼ねた洗面所など、家事と寛ぎのバランスが取れた朗らかな家になりました。

所在:東京都町田市

構造:木造2階建て

延床面積:30坪​

備考:ハイブリッドソーラーハウス

©2004 studio-tsumugi all rights reseved